LINEスタンプの有効性について

LINEのスタンプは人気のキャラクターや可愛い物が多いですが、
その具体的な活用場面はよくわかりませんよね。

何も考えず気軽に使えるという点はすごく良くて、すぐに単純に感情を表したりするのに便利です。
要は完全にノリで使っちゃうことが多い気がします。

スタ爆といって何も特に用がないのに連続でスタンプを送りつけるという行為も
流行っているみたいですし、若者は流れに関係なく使っているみたいですね。

その一方で私の友人に半身不随の友人がいて、その人は片腕があまり言うことをきかないのですが、
スタンプを使えば自分の思っていることをすぐに伝えることができるので助かっていると言ってました。

たしかにそういった視点をもつとスタンプの有効性やありがたみに気づくことができます。

これからもさまざまなスタンプが登場すると思いますが、
活用の幅が広がるような日常に根ざしたものが出まわるともっと便利に使えるようになると思いますね。

マンションを高く売ろう!

その他にも企業がオリジナルのキャラクターを作って無料で配っているものもあります。
企業PRとして非常に大きな役割を担っていると思うので、需要側と供給側双方にとってより良い環境がLINE上で整っていくと良いですね。

1249