受験について

私は進学校へ進んで受験を経験しました。
しかし、よく意味がわからないまま受験は完了してしまいました。
一応数学がすごく出来たので、数学を学べる大学へ進学をしました。

大学での数学は難しかったです。でもなんとか卒業しました。
数学は受験のために使うなら問題を暗記するだけでいいですけれど、実際にちゃんと理解すると毎日の生活に役立てられますからすごく良いものです。これは受験の時には分かりませんでしたね。

受験が終わってのびのびと勉強できるようになった今だからこそわかるのです。
そして、実際に役立つとすごく楽しいものです。

一生懸命勉強して甲斐があったというものです。
受験生の時に、点数を取るために勉強をしているだけでは勉強の本当の価値はわかりません。
でも、今ならその価値がわかります。

そもそも勉強は受験前の最後の一年だけやればいいというわけではなく、日常的に行われるべきものなのではないでしょうか。
ですから、一番良いのは小学生の時からコツコツ毎日、いろいろなことに興味を持って勉強をし続けていくことなのではないかと思います。知らないことを自分から探してそして身につけていくということが、結果として良い大学へめぐり合うということにつながるのだと思います。

http://www.coskoboz.com/

547