アイススケート初体験

我が家の長男は小学校一年生からサッカーを始めて、土日は毎週練習やら試合やら…。
なかなか家族で外出できていません。土曜日の練習は、雨予報で中止になりました。
ここぞとばかりに、フットワーク軽くアイススケートへ出掛けました。長男小学校三年、次男年長さんで初めてのアイススケートとなりました。

芸術の良さを語る難しさ

私は建築を専門に学んでいます。
建築はその学問的位置づけが特殊な領域で、人がその中で生活する、大量に生産される、といった点からいえば実用的で、工業的な側面を持ちます。
その一方で、建築家の作品は個性的な形態、デザインをもち、時にそれは芸術品としても評価されます。
このように建築は工業と芸術の中間にあるといってもよいでしょう。
建築学科では学内の課題を通じて建物の設計をするときに担当教員からなぜこの形なのか、なぜこの配置なのか、ということについてそこに根拠や整合性はあるのかと立て続けに質問を受けます。
私自身もこうした経験から、工業製品や芸術品に対してもいろんな視点からなぜこうなったのか、それが何の役に立つのかということに興味を持つようになりましたが、こうした数々のなぜ、が芸術作品に対しては適用されないということに非常に興味を持ちました。
芸術作品は特に風景画に象徴されるようにその作品の純粋な美しさのみで存在意義があり、それが評価に直結します。
ここに色使いや絵の構成に対してなぜ、と疑問を持つことは全く見当違いです。
しかし、社会的メッセージを持つような近代アートの領域ではこうしたなぜ、という部分を一般の鑑賞者にもっとわかるような形で展示をするべきではないかと思います。
私は美術館という空間が好きでよくいくのですが、決まって近代アートの展示の際には消化不良を抱えて家路につくので、こうした点についてその道の方とお話しする機会を持てればと思いました。

毛布をめぐる二つの災難

ついに寒さに負けて、押し入れから毛布を引っ張り出してきました。
夏の間はずっとしまいっぱなしだったので、洗濯をして一日干して、いよいよ私のベッドの上にやってきました。
ちゃんと干してあげるといいにおいがして、ふっかふかで思わず抱きしめたり、顔を埋めたくなります。

動物を飼う事に踏み切れず、観葉植物を購入しました

学生の時に我が家ではハムスターを飼っていた事がありました。
合計5匹の飼育を経験したのですが、死んでしまう度に本当に悲しい思いをしました。
最後に飼ったハムスターは一番懐いていたので、その子が死んでからは「これ以上はもう悲しい思いをしたくいね」と家族と話し合って飼わなくなりました。

造形王スペシャルでジャックは発売されるのか

早くも今年の造型王スペシャルが気になって仕方がありません。
最新の造形王5ではすべての投票を終えて優勝が決まっているので、あとは造形王スペシャルで誰を作るかです。
まだ微妙なラインになっており、ルフィ達がゾウにいる事もあり、もう少し話が進まないとメインどのようなストーリーになるのか分かりません。
サンジがゾウにいないという事はルフィ達もゾウに長居する必要が無いので、意外とすぐに終わってしまうかもしれません。
ただし、次はワノ国になっているので、サンジが仲間と再会するというのはかなり先の話になりそうです。
なのでゾウ編で固めるのか、ビッグマムで固めるのはどっちつかずな状況になっているので、まだ検討している時だと思います。
個人的にはまさかと思いますが、サンジがスペシャル枠で出される可能性も何となくですが、考えています。
やはり造形王スペシャルでは敵の大ボスか、注目を浴びていたルフィのギア4のような感じの誰かだと思います。
仮にジャックだった場合はゾウの形態のジャックで発売するのか、それとも人型で発売するかで違ってくると思います。
さすがにゾウの形態というのも、ちょっと違う感じがしますが、人型の方が良いと思います。